学校の概要

沖縄県立読谷高等学校の概要を掲載しています。あわせて創立50周年記念誌の資料をご覧ください。

概要

校門

 本校は、昭和23年にコザ高等学校の喜名分校として設立、昭和25年に読谷高等学校として独立許可されました。
 本校の位置する読谷村は、白波打ち寄せる残波岬のある景勝の地であり、世界遺産の座喜味城を抱え、読谷山花織や陶芸などの伝統工芸、各字に伝わるエイサー、棒術、組踊などの伝統芸能で知られ、県下でも特に文化的香りの高い地域です。
 生徒たちは、そうした恵まれた環境の中に育まれ、自主・自立の精神が旺盛で、日々勉学とスポーツに意欲的に取り組みながら、自己の成長と進路実現に努めています。

創立50周年記念誌より

“読谷高等学校創立50周年記念誌「紅」”(2000年11月17日発行)をスキャンした画像を掲載しています。 画像をクリックすると別ウィンドウで表示されます。
製版された本を見開きにしてスキャンしています。不鮮明な部分はご了承ください。

50周年記念誌1  50周年記念誌2  50周年記念誌3  50周年記念誌4  50周年記念誌5  50周年記念誌6  50周年記念誌7